数ヶ月前に左上奥歯に被せている銀歯が取れたため、歯医者に通い出してからというもの、未だに卒業できないでいる。よほど歯のお手入れに力を入れている人を除けば、基本的に歯医者というものは、行かざるを得ない状況になってはじめて通院するものだと思う。例に漏れず、銀歯が取れて物が噛めない瀕死の状態になったからこそ、歯医者に行った。それをきっかけに、ここにも虫歯がある、こっちにもある、こっちにもと、数珠つなぎのように治療を重ねられ、先日、右下奥歯の治療を終えた。

その次は、右下奥歯のひとつ手前の虫歯の治療へと続き、最終的には、1年ほど前に別の歯科医院で治療を終えた右上奥歯の治療がずさんな仕上がりだそうで、それのやり直し治療を受けねばならないというスケジュールが組まれている。

そんな矢先に悲劇は起こった。なんと、治療を終えたばかりの右下奥歯が痛み出したのである。どれほど痛み出したかというと、冷たいものは受け付けず、熱いものも受け付けず、物も噛めないほどの痛みに襲われ始めたのだ。柔らかい煮キャベツを噛んだだけでも激痛が走る。要するに、使い物にならない状態というわけだ。

冷静に考えてみたい。僕は左上奥歯に被せている銀歯が取れたため、それを治療して欲しくて歯医者に行った。土曜の午後にそれが起こったため、土曜の午後も診察してくれる歯科医院をインターネットで探し、治療を乞うたわけである。そして、当該箇所の治療以外は、自覚のないものばかり。歯科医院に言われるがまま、治療を受けていった。だから、使い物にならなくなった右下奥歯なんてえのは、まったく正常に稼働していた部位である。にも関わらず、治療を終えた後に使い物にならなくなったわけ。この事態をどのように受け止めればいいものか。

これを医療ミスと捉えるべきなのか、それとも虫歯の治療には付き物の事象と捉えるべきなのか。インターネットで同様の症状を調べてみると、医療ミスだとする意見もあれば、虫歯治療あるあるだとする意見もある。さらに混乱する。が、事実はひとつ。右の奥歯で物が噛めないということ。

生活に支障をきたすということで、急遽、歯科医院を訪問し、痛みの症状を見てもらうことに。予約が埋まっていたにも関わらず、診察してくれたその歯科医院には非常に感謝している。ただ、症状を伝えたところ、痛むなら神経を取るしかない。しかし、神経を取る施術は、近ごろの歯科医院では行わないのが主流だ。でも、神経を取らないと痛みはなくならない。が、まれに神経が健康に回復し、痛みがなくなることもある。でも、なくならないこともある。だから、神経を取るか取らないかの判断は、患者であるあなたに委ねます。どうしますか?

いやいや。判断でけへんって。昔の歯医者さんは、神経なんか取りまくってたよね。虫歯の治療といえば、神経取るのとイコールなほどに。でも、最近の施術では神経取らないんでしょ? ってことは、神経を取るって選択することはつまり、旧来の治療を希望するってことでしょ。そんな重大な判断、患者任せでええの?
仮に携帯ショップにたとえてみるならば、「昔はガラケーを使っている人が多かったんですが、今ではスマホを使ってらっしゃる方がほとんどですね。で、どうされます? ガラケーで契約するかスマホで契約するかはあなたで選択してください」って聞かれたとして、「じゃあ、ガラケーで……」って言える?

最近の施術では神経を取らない方針が主流っていうなら、神経を取らなくても痛みが起こらない治療ってのも主流にならないとあかんのちゃうの? 主流を選択すると痛みはつきものなん? なになに? 主流ってのは、ドM的なやつなん?

僕は過去に、歯科医院で医療ミスを何度も体験している。あり得ないミスを。だから、基本的には歯科医院とは相性が良くないことを自覚している。
その昔、歯科医院っていうのは開業しやすいものだと聞いたことがある。だから、世の中には歯科医院が溢れていると。聞くところによると、日本全国に立っている電信柱の数よりも、歯科医院の数のほうが多いと言われるほど。
にしても、個人のスキルにバラつきがあり過ぎやしないかと感じる。歯は一生もの。大切にしなきゃね。そのわりには、バラつきのあるスキルを持った個人の裁量で、それを削られたり抜かれたり。削られたものは返ってこないじゃあないの。抜かれたものは生え変わらないじゃあないの。まぁそんなことはどうでもええわ。要するに、正常稼働していた、違和感すらなかった部位を治療していただき、その結果、激痛で使い物にならなくなった僕の右下の奥歯の行末だけ教えて欲しいわけだ。

近ごろ、セカンドオピニオンの重要性が説かれている。こういった場合、セカンドオピニオンに耳を傾け、どうすればいいか判断するのが適切なんだろうな……。ちゃうねんちゃうねん! セカンドオピニオンに行ったら、また初診料取られて、レントゲンも取られる。結果的に、時間も奪われるし、お金も消費する。歯の痛みだけじゃなく、財布のほうも痛むやんか。気軽にセカンドオピニオンとか言っていられないわけよ。ファーストオピニオンで右下の奥歯を復元して欲しいわけやんか。しかも、無料で復元して欲しいわけやんか。僕らだって、仕事の立場上、お客さんの商品を壊してしまったら弁償もするし、印刷物で誤植をやってしまったら、もちろん代金もいただかないし、こちらの財布からお金を出して刷り直しをするわけやんか。

僕のモットーは、どんなことが起ころうがヘラヘラと笑って生きること。辛いことがあろうが顔に出さず、愉快で痛快に生きていきたいと思っている。だからここ数日、僕と接触を持つ機会があった方々、いつも通り僕はヘラヘラと笑っていたことでしょう。ただ、心ではかなり泣いていたのさ。正常稼働していた一生ものの歯が削られ、挙句、激痛が走り使い物にならなくされてしまった。本当は泣きたいんです。本当は、泣きはらしたいんです。ビールを飲んで、忘れてしまいたいんです。でも、ビールがしみるんです。片方の歯だけで食べ物を咀嚼するため、しっかりと噛めないまま飲み込んでしまうから、消化の効率が悪くなり、お腹だって痛いんです。クライアントが別の業者ばかりに仕事を発注するから、ほとんど干されてしまってるんです。仕事がないんです。このままじゃあ、おまんまが食えないわけです。そう。歯的にも、仕事的にも。

個人的には、現在通院している歯科医院の先生、とても良心的な方なので、全面的に信頼しております。こんな無神経な人間ですが、どうにか、神経だけは生かしてやってください。そして、どうにか痛みを取り除いてやってください。再び右の歯で物が噛める日がやってきますように。正常に食べ物が消化されますように。お仕事が舞い込んできますように。これ以上、案件が削られませんように。

デタラメだもの。

20170815