デタラメだもの

デタラメに生きる。デタラメに暮らす。薄暗い世の中をデタラメに生きるための処世術、バイブル。エッセイです。

2013年03月

大きな企業や上の位の職責には人を変えてしまう魔物が住んでいるのか。「デタラメだもの」

社会に出て仕事をしていると、「お前、正気か?」と思わせるほどに、魔物化してしまっている人をよく目にする。

大きな企業で働く過程で、上のポジションに昇っていく過程で、人はどうやら、闇の支配者に、妙な魔法をかけられ、魔物化してしまった、としか、もう考えられない。

よく聞くのが、これ。

「悪い悪い!ちょっと忙しくて、メール見れてないんだわ」

ぼくのような社会の底辺に棲息するような仕事のできない人間ならまだしも、大きな企業にお勤めの方は、そりゃ能力も高く学歴もあって、いわゆる、仕事がとてもおできになる方ばかりじゃないのでしょうか?

そんな方が、忙しいくらいで、メール見れてないなんて、醜態をこちらに報告すべきじゃございませんぜ。忙しさを解消する術なんて、学ぼうと思えば学べて、実践しようと思えば実践できて、効率化できようもんでしょうが。しかし、よく聞きますわ、このセリフ。

それも、「ボク大きな会社に勤める忙しい人だからメールなんか見てらんない、キミ小さな会社に勤めるヒマな人だからメールなんていつでも見れて当然」といったスタンスできやがるもんだから、これはよほどの手ごわい魔物だぜ、と。

そんなに忙しいのか!?と思っていれば、大きな企業特有の、あれ、何でしたっけ?え?給料ってやつ?あぁ、はいはい、それですわ、給料ってやつをたくさん貰ってらっしゃるので、夜は美味しそうなお店で舌鼓を打ったり、週末はゴルフ場でボールを打ったりして、時間を有意義に過ごしていらっしゃる。メールも見れないのにね。

それに比べて、セコセコと働くこちら側は、得意先からの無茶振りに相槌打って、上司の無茶振りに相槌打って、体調悪化すれば点滴打って、自分の尻に自分でムチ打って、それでやっと、ギリギリ生活できる程度のお給料を貰うという。なんだ、このシステムは。

さらにそういった魔物たちは、こんな武器も持っていらっしゃるようで。

『折り返し電話くださいの伝言を残しても折り返さない』
『手違いがあった時など、メールをちゃんと見れてないのでって通す』
『期日を守らない時は、バタバタしてるのでって通す』
『資料を見てくださいと頼んでも、見ない』
『職責を与えられた途端、いきなり横柄な態度に変わる』

などなど。
文字だけ見ると、ただのロクデナシやな。

そう、これまでは新卒過ぎといった態度で、初々しかったような方も、職責がつくや否や、いきなり、

「なんでぇ?なんでできないよの?3日でやって欲しいんだわ」

とか何とか。
あれ?次の舞台に向けて、新しいキャラ設定を浸透させてはるの?何、この急なキャラの変貌っぷり。役者さんがよくやる、私生活でもキャラ作るっていう、アレですか?

と、なる。

そんな魔物化された方々も、もちろん家庭を持って、お子さんができたりなされると思います。そういった折、恐らく一般的に、

「人には優しくしなきゃダメだよ」

なんて、ニッコリ微笑んで、子どもさんに教えを説いたり教育したり。

え?人には優しくできても、業者には優しくできないって?ははぁ、なるほど。ぼくらは人じゃないんだね、納得!って、なんでやねん。

「自分がされてイヤなことは、他人にしちゃダメだよ」

なんて子どもに諭していようもんなら、ペラペラのハリセンで頭をパチーンと叩いてやりたくなる。そうしてこう問うてやりたい。

「あなたは、自分が何をされたら自分がイヤか、分かってらっしゃらないのでしょうか?お教えしましょう。それは、今、あなたがしていること言っていること要求していること、の全てです」と。

中には、大きな企業にお勤めの方、高い役職に就いていらっしゃる方、そんな方の中にも、心の優しい人、温かい人、まぁつまりは、ごくごく一般の人間と同じように振舞える人も、いるのはいる。ごくまれに。まるで、砂漠のオアシスのように希少な存在ですが。

ただ、こうも思うわけです。

先にも書いたように、大きな企業で働く過程で、上のポジションに昇っていく過程で、人はどうやら、闇の支配者に、妙な魔法をかけられ、魔物化してしまってるんだ、と。きっと。

そりゃ、若手の政治化が、日本を良くしよう!って、瞳をキラキラさせて政界に入っていったとしても、歳を重ね、経験を積むごとに、表情が薄汚れて行き、皆一様に悪人顔、昔のさわやかな青年はいずこへ、となってしまうわけだ。

あれもこれも闇の支配者のせいなんだ、きっと。

そう思うと、闇の支配者の手が及んでいない世界で生きるか、手が及んでいないポジションで生き続けるか、どっちかなんやろね。

とはいいつつも、闇の支配者に支配されている魔物化した人たちに支配される日々からは抜け出せないわけで、まぁ何が楽しくて生きているのやらそれさえも忘れそうで迷いそうで、今宵も何やら答えを求めて、フラリ立飲み酒場の門をくぐったりするわけです。

デタラメだもの。

20130324

春も近づくと奇行も増える。が、それでいいじゃないか、爛漫しようやないか。「デタラメだもの」

春が近づき、チラホラと暖かい日なんかに出くわすようになると、つられるようにして、街でも奇妙な光景に出くわすようになる。

そりゃそうなるわな。だって、寒っむい寒っむい冬を、身を縮こめながら乗り越えたんだもの、そりゃ暖かい日が訪れれば、気分も解放され、奇行のひとつやふたつも目にしますわな。

でも、いいと思うわけです。世の中どんどんとインターネットやら何やら、やれ数値やらやれ統計やらやれ分析やらと、人間のことをさも画一的な動きをするロボットのような捉え方をされてしまう昨今だからこそ、そうやって、常識では掴めないような奇行、うん、そういうパワフルなこと、おっさんたちがどんどんとやっているような世の中じゃないとあかんと思うわけです。

で、例に漏れず、立ち飲み屋。

やっぱり立ち飲み屋はええなぁ。落ち着くなぁ。小ジャレた飲み屋などと違って、精神の解放感が違いますわなぁ。哲学多し、ですわなぁ。まぁ、そんなことはさておき。

向かい側のカウンター。
身なりを整えたやや清潔感のある50代後半と見えるジェントルマンなおっさん。そのおっさんが、おもむろに携帯電話を取り出した。スマートフォンのような形状のものではなく、通称ガラケーと呼ばれる、パチンと二つ折りにできる、アレね。

そしてジェントルマンなおっさん、何をし出すのかと思えば、携帯を顔の真ん前に縦に持ってきたわけです。つまりは、顔の真ん前に、携帯が「1」という数字の風情になってるわけね。おでこの辺りが聞く部分、鼻の辺りに折れ曲がる部分、口の辺りに通話口。

で、最初は、液晶部分を眼前に置いて、メールでも読んでるのかしらんと思っとったわけですが、そうじゃない、通話してる。はっきり、しっかりと通話してるわけです。受話部分を、耳に当てずに、通話してる。

そうなると、ほれ、最近よく見かける、イヤホン状のものを耳に差し込んで、電話をしてるアレかなと思ったわけですが、そうじゃなく、耳の穴には何も差し込まれていない。

なんなんだ、この光景は、おっさん、しゃべり続けてるぞ、通話口に向かって。

で、こう妄想したわけです。

このおっさんは、とてつもなく大きな会社の偉いさんで、しかも、絵に描いたような、ワンマンでトップダウンで高圧的な人物。

だから、受話はしない。通話口から指示のみ。聞く必要なし。言いっぱなし。あとは、シモジモが動けばいい、と。

きっとあの時の指示は、

「ええか、あの土地、買い占めてまえ」
「…」※受話口を耳に当ててないから
「ちゃんとやれよ」
「…」※受話口を耳に当ててないから
「明日の朝までにやぞ」
「…」※受話口を耳に当ててないから
「できんかったら、知らんぞ」
「…」※受話口を耳に当ててないから
「ちゃんと聞いてるか?」
「…」※受話口を耳に当ててないから
「おい」
「…」※受話口を耳に当ててないから

そりゃ返事ないわな。受話口、耳に当たってませんから。

そんな感じで、恐らく、ドでかい仕事の指示を、一方的、高圧的、傲慢に、部下、いや、シモベに指示している、そんな安い立ち飲み屋のワンシーンだったのではないだろうか、と推測。
ジェントルマンなおっさん、勉強なります。ワンマン経営も、ここまで行かんとあかんのですね。携帯電話を縦に使えるくらいにならんと、あかんのですね。中途半端なワンマンぷりでは、何もコトが運びませんわね。勉強なります。独裁って、こうやってやるんですね。

僕も高みに登りつめたら、ぜひ参考にさせてもらいます。登りつめられませんけど。

そんな風情を後にして、帰りの最終電車。

乗車後に電車の発車待ちをしていると、左後方から、真面目そうなサラリーマンの大きな声が。
おいおい、電車でデカイ声で電話するなよ。それにしても真面目な口調やな。

そう思って耳をそばだててみると、何やら、本日の行動報告をしてはるみたい。

「えぇ、本日はですねぇ、寿司屋で打ち合わせしまして…」

みたいなことを言うてはるわ。
見た目がとても真面目そうな40代前半と思しき男性。しゃべり口調もほんまに真面目で、性格が出てる。電車内で電話したらあかんと知りつつも、真面目な性格ゆえに、本日の行動報告を上司にせねば!との責任感から、仕方なくの業務遂行、なんやろうね。それにしても、丁寧且つハキハキと大きな声で電話してらっしゃる。

「だから、本日はですねぇ、寿司屋で打ち合わせをした後、あぁ、はい、そうです、キャバクラですね、はい。キャバクラ行きまして」

ん?何を言うとるんだ、この真面目男性は?
君のような真面目な男性が、大声でその単語を連呼してるのが、ミスマッチ過ぎて、車内全員目を向けとるがな。接待内容の報告なんやろうけど…

「もしもし?はい、そうです、だから、その後にキャバクラです」

また、電波が悪いのか、上司の飲み込みが悪いのか、何回も言いよるがな、そのフレーズ。電波改善するか、上司の理解度高めたれよ、この真面目君、頑張っとるんやから。

「えぇ、そうです。その後にキャバクラです」

まだ言うとる。もうええわ。笑ろてもたがな。

そうやって肩を揺らしながら、地元の駅を降り、家路をひた歩いてると、前から、おっちゃんおばちゃんが並んで歩いてくる。
夫婦で、ウインドブレーカーなんか着て、夜にウォーキングいうやつですね。

そう思ってほのぼのしてると、どうやら、夫婦、大喧嘩してる風情で、こちらに向かってくる。大喧嘩というか、旦那さんのほうが一方的にキレてるみたい。

「○×○△なんじゃ、コラ!」

みたいに、なんか怒鳴りつけてる。こりゃ穏やかじゃない。
ぼくのほうに近づくにつれて、怒声の内容がハッキリ聞き取れた。

「そやから、カンボジアなめんなよ!」

ん?カンボジア?

「だから、カンボジアをなめるな!」

ん?カンボジア?

「わかったか!なめんなよ、カンボジアを!」

は、はい。わかりました。カンボジアのことは決してなめません。
何の会話してて、なぜ火がついて、なぜに奥さんを怒鳴りつけてるんだ、このおっちゃん。意味がまったく分からんし、逆に、奥さんは、旦那をこうまでさせるほど、どのように、カンボジアのことをなめ腐ったのかが、気になる。

と、春が近づくと、こんな陽気でファンキーな光景に出会えるもんだから、日本もまだまだ捨てたもんじゃないと、安堵。
もっともっと、日本が、規格外に、型破りに、常識外れに、小さくまとまらず、コンパクトにならず、破天荒でありますように。

デタラメだもの

20130320
ギャラリー
  • 自分の一生を全うするためには、「修正」という言葉を軽々しく口にしてはならない。『デタラメだもの』
  • 連絡無精の言い訳を対人関係にすることと緑豆もやしが枯れたことには大いに因果関係がある。『デタラメだもの』
  • 先輩の仕事とは後輩を育てることではなく後輩に夢を見させてあげることだと教えてくれた河豚、否、おじさん。『デタラメだもの』
  • 正常稼働していた歯が治療され、あろうことか、その後の激痛に悩まされる日々。『デタラメだもの』
  • 男たるもの、酩酊したうえでの失態を他人に見せるべからず。ましてや介抱されるだなんて。『デタラメだもの』
  • 退屈しのぎにネクタイを巻いてみた。意味のないことにも価値あるものとそうでないものがある。『デタラメだもの』
  • ラブホテル街にこだまする「ありがとうね」。今宵も美味なる缶ビールを片手に思いを巡らせる。『デタラメだもの』
  • 新幹線で窓側の席から順に指定席が埋まって行く原理が分からない。『デタラメだもの』
  • おっさんが我慢しても抗えないものそれは、えずく、という忌まわしき生理現象。『デタラメだもの』
最新記事