日々生活していると、そりゃ街も歩き電車にも乗りますわな。ほんで、商店街を歩いたり、大通りを歩いたり、しますわな。

そんな折、大阪弁でいうところの「ほんま、けったいな人やなぁ」いう人を目にする機会多く、その都度ぼくは、その人たちから勇気をもらい感動をもらい、これで明日も頑張れるというエールまでもらったりもするわけです。

事実は小説よりも奇なり

とはよく言ったもので、ほんとに現実の世界には、とうてい創作などでは足元にも及ばない、想像すらつかない人たちが多く、とても素晴らしい。

先日などは、会社帰り、鶴橋の駅で電車が向かい側の電車の連絡待ちで停車し、ドアが開きっぱなしになっているとき、その女性はいたのである。

その女性、停車中の電車の開いたドアの目の前、ホームに立ち、カバンをゴソゴソしている。ぼくはその様子を、停車中の電車の中から眺めている。

その女性、服装は地味、髪型も地味、生き方も地味(こりゃ失礼…)な雰囲気にも関わらず、KITSONのロゴがデカデカとプリントされた、ピンク色のスパンコールまみれのミニトートを持っていらっしゃる。

その宝の持ち腐れ感(こりゃ失礼…)というか、暗闇の中にポツリ唯一輝く灯台のような(こりゃ失礼…)というか、ブタに真珠(これまた失礼…)というか、地味な奴のド派手なKITSON(そのままやないかい!)が、めちゃくちゃ浮いておりまして、あの女性、あのトートバックを持たずすれば、夕暮れの中にしても判別できぬが、あのトートバッグを携えれば、月明かりもない真っ暗闇にしても、そのバッグの存在感で判別できるだろう(ごめんなさい…)。

そのバッグに顔まで突っ込み、この方、バッグの中に潜り込みたいのかしらんと思わせるほど、強烈に顔を突っ込み、自身のバッグを漁っている。

異常なほど、バッグに潜ることに執着する女性。何度も何度も、顔、いや頭まで突っ込み、バッグを漁り続ける。

地味な女性、ド派手なKITSON、開きっぱなしのドア、モロに見える女性の姿、電車内の全員が注目、それでも気にせずバッグに潜る女性。

何をしてるんだ?不可解すぎる。想像を超えている。でも、素晴らしい。

ぼくはこの女性を見て、恐らくはこのバッグ、どこでもドア的なシステムになっていて、きっとこの女性は何かの極秘組織の諜報部員か何かで、急遽の任務にそのバッグ、つまりは、どこでもドアの中に潜り込み、現場へと駆けつける必要があったのではと推測。

が、このシステムの不具合により、うまくバッグに潜り込めずに、四苦八苦。鶴橋のホームで嘲るように笑われようが何しようが、任務最優先。地味な姿は、人々の中で目立たぬよう、仮の姿。

が、なぜ、そのどこでもドアのデザインを極彩色のピンク、しかもスパンコールだらけのトートバッグにしたのか、それは不明。

うまく現場へたどり着けたことを、願う。

また別の日、ランチで行きつけの格安うどん屋にて。

めちゃくちゃ紳士、ジェントルマンな雰囲気の年配の男性。うどんを食し終え、どんぶりにはダシだけの状態。

紳士は、セルフで汲んできた水を飲もうとしている。
ごくごく普通の光景。

が、その紳士、ちょうどダシだけのどんぶりの真上あたりに顔を据え、水をグビグビ飲んでいるのだけども、その水のほとんどが、紳士の口から漏れ、あご髭をつたい、どんぶりの中にジョボジョボ。

すごい勢いで水を飲むも、ほとんどがそんな感じで、紳士の口から漏れ、あご髭をつたい、どんぶりの中にジョボジョボ。
ダシだけのどんぶりの中に、ジョボジョボ。
豪快にこぼし飲むものだから、すごい音をたてて、ジョボジョボ。

何をしてるんだ?まことに、不可解。

そこでぼくはこう推測する。

この紳士、全国津々浦々、伝説のうどんダシを求め、ようやく辿り着いたのが、この格安チェーンのうどん屋。

そのダシに、最後の塩分を足すべく、自身のあご髭及び口周りの汗なり何なりの塩分を、セルフの水で溶融させ、注ぎいれ、完全なるオリジナルの伝説のうどんダシを作ろうとしたに違いない。

そのために、人目もはばからず、あんなに意味不明な行動に出たんだ、きっとそうだ、全国津々浦々、周り廻って辿りついたその場で、恥だの何だの、言ってられない。

だから、紳士、水をジョボジョボやってたんだな。きっと、そうだな。

とまぁ、こんな感じで、皆さん、意味不明で、滑稽で、恥さらしで、アホな行動、想像もつかない行動をしてはるわけで、そういうのを見ると、その羞恥心のカケラもない、エネルギッシュな人間力に、勇気がわいてくるのであります。

自分が日々の中で、何かしら、情けねぇことしたとしても、そんなちっぽけなもんは、人の記憶にすら残らないような、カスッちぃ微々たることでして、やっぱりそういった先人たちの偉業には、足元にも及ばないわけです。

皆さん、まともなことして、まともなりにしくじって、それでいて、とてもまともとは言えないようなお偉いさんなりに怒鳴られて責められて、ちゃんちゃらおかしい世の中ですよ。

もっともっと、レールを踏み外しましょう。
他人から、もっともっと笑われましょう。
そして、人の記憶に残りましょう。

あなたの記憶は、ウワサとして、各所の居酒屋や職場の喫煙所なりで、ひとり歩きし、瞬く間に、あなた、有名人。
これでメジャーデビューも、夢じゃないですね!

デタラメだもの。

20121124